スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

トラリピの最適な利確幅

トラリピの設定で特に悩む部分といえばやはり利確幅だと思います。
よくあるパターンとしては、トラップ幅=利確幅といった設定です。

私はトラップ幅<利確幅の設定の方が利益率が高いと感じています。
実際にバックテストの結果でもトラップ幅<利確幅の方が利益率が高いという結果になっています。

どれくらいの利確幅が1番利益率が高いかというのは、その時の相場によって変わりますが、
豪/円の場合、おそらく平均的に見て80pip~200pipくらいが妥当ではないかと考えています。

現在私のリアル口座の設定では、トラップ幅50銭(78.25円~81.25円のみ25銭間隔)で、利確幅は75pipです。
実際にトラップ幅50銭、利確幅50銭で運用している人よりも利益率は高くなっています。
デモトラリピではトラップ幅10銭、利確幅120pipで運用して検証しています。


現在はトラップ幅40pip、利確幅160pipで設定していますが、変更の可能性もおおありです。

豪ドル/円のチャートを見るとわかりますが、
下降するときは一気に下降して、上昇トレンドになれば一気に上昇するパターンが多く見られます。

つまり小刻みに同じ所で何度もトラリピが繰り返されるというよりは、
下降でトラップをたくさん仕掛け、上昇トレンド時に一気にトラップを回収して利確していくパターンが圧倒的に多いということです。

50銭間隔のトラリピがおそらく最もポピュラーだと思います。
利確幅はその場合、少なくとも80pip以上にした方がいいのではないでしょうか。
個人的には現在の利確幅75pipは気に入っています。

トラップ幅<利確幅を意識して設定してみてはいかがでしょうか。


デモトラリピで現在の自分の設定と同じにして、利確幅だけ変更して比較してみるのも大いに価値のあることだと思います。
>>M2Jトラップリピートイフダンをデモ体験!

(管理人のデモトラリピ登録体験)


◇実際に資産を運用してみたいという方はこちらから開設できます。
トラリピ1,000!口座開設キャンペーンで実施中

tag : トラリピ 豪円 トラリピ初心者講座 デモトラリピ

2012-10-20 23:47 : トラリピ設定 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ルートFX

サイト管理人:ルートFX
2011年10月よりFXを開始
利益が安定して出るようになることを目標に頑張ります。

自動売買(EA)で、労力を極力かけずに資産運用をしていましたが、ドローダウンに遭遇したこともあり撤退。

2014年10月より手動トラリピ開始。
まずは裁量トレードで失った151849円を取り戻すことが目標!

手動トラリピ月間収支

2014年
10月 +13773円
11月 +7996円
12月 +9038円
2014年トータル30,807円

2015年

EA月間損益

トータル+175055円
※1ドル103円時に換金済み
現在自動売買は行っておりません。

検索フォーム

QRコード

QR

免責事項

■当サイトでは、情報に充分な注意を払っておりますが、情報の正確性・合法性・当サイトの提供先および当サイトに掲載されている商品・サービス等の品質を保証するものではありません。
■当サイトを利用したことにより発生した直接的・間接的損害に対して、一切の責任を負いかねます。利用者の方ご自身の責任においてご利用下さい。
■FXはリスクや損失が常に存在する金融商品です。取引を開始するにあたり、そのリスクを十分に理解したうえで開始して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。